「半分、青い」 - つれづれ⭐映画日記

「人間はな、強いぞ」

主人公のおじいちゃんが、主人公に言ったセリフ

昔戦争で、捕虜にされようとした時に、現地の人にかくまってもらって、洞窟の中で見つからないように隠れていたとき、

一日中真っ暗な中で、いる時に、

1日の中で15分だけ穴の中から見える光が見えていたそうだ。

泣いた

状況が今の自分と同じなのだ。

実は今、ある事情で家なき子なのだ。

アラフォー家無し金無し

ある人にかくまってもらっている。

毎日が切迫している中、友達の家でぼーっと見ていたら、このドラマ見たことないけど、このシーンで泣いた。

あー、わたし、泣きたかったんだと思った。

友達が抱きしめてくれた。

人間は強いのだ。

乗り越えられる。

全ては必然で起きている。

だからなにもかもが大丈夫なのだ。

今、周りにいる人たち全てに感謝を捧げたい。

生かされているのだ。

宇宙のエネルギーはありますよ。