「森商店」の盛岡ラーメン(もどき)♪

実は...、「かつ喜」へとんかつを食べに行く通り道に牛タンの「森商店」がありましてな。 <br>その店先に大きな盛岡冷麺の看板が立っていました。 <br>もう森商店の厚切り牛タンに魅力は感じなくなった僕も <br>盛岡の平城冷麺にはしばしば一緒に過ごした宮永との <br>盛岡の夜の盛り場の楽しかった想い出があるので、 <br>本場の平城冷麺とは似て非なるものとは知りながらも <br>「これは食べておかなきゃ」、と頭にして通り過ぎました。 <br>しかし、それでもこの日の本筋を忘れずに <br>「かつ喜」に向かったという伏線があったのです。 <br>さて、混んでいたらやめようと思いながら森商店の前を通ると、 <br>微妙なことに並んでいるのは2組だけ。 <br>しかも店内に空席もあったので、 <br>これは食べて帰れと言うことだと確信して、 <br>しばらく並んで待ってからカウンター席に着きました。 <br>そして注文したのは盛岡冷麺だけ。 <br>お昼のサービスで麦飯が付いていると仰るので、 <br>食べる気もないのに「それなら頂戴」と言ってしまった僕でした(^-^

; <br>そして、やがて運ばれて来た盛岡冷麺は <br>こう言っては何ですが、やっぱり形ばかりのニセモノで <br>器からして盛岡の平城冷麺とは違います。 <br>以下は僕の主観なので、森商店並びにそのファンの皆さま方、 <br>気を悪くされたらごめんなさいね <br>麺も白雪姫もかくやと驚くほどに真っ白でした。 <br>悪気はないのでしょうが、 <br>晒したような艶のない真っ白は、これはいけませんよ森商店さん。 <br>それでも、「よかったらお使い下さい」と店員さんが持って来た <br>目一杯入ったお酢の瓶を、 <br>「これは良かったら使うものじゃなくて必需品だよ」と諭しながら <br>丼の中に全部注いで食べ始めました。 <br>のっけから絶対ニセモノだという思い込みが激しいものだから <br>美味しいはずはございません(+_+;\ペチッ! <br>さて、そんなことで残ったのは茶碗一杯の麦飯です。 <br>麦飯は幸いサービス品特有の軽い盛りだったので、 <br>丼に残った盛岡冷麺のスープを掛けて <br>お茶漬けのようにかっ込むことにしたところ <br>何とま

あ、お酢を全部使ったスープをご飯にかけると <br>思った以上に酸っぱくて <br>不覚にも一口食べてむせました。 <br>驚いたことにこのお店、盛岡冷麺はニセモノでも、 <br>お酢はほんものだったのです <br>しかし、何でも掛ければいいってものでもありませんな <br>ご参考 <br>盛岡冷麺発祥の店 食道園の平城冷麺 <br>盛岡冷麺の人気店 ぴょんぴょん舎の平城冷麺 <br> <br>