中小企業の方が小回りがきく。中小企業や個人がお客様と直接お付き合い。中小企業が新しい産業を創造。

デフレの悪循環。年金減額。消費税増税

消費者あってこその日本経済なのだが

労働者、中小企業、地方経済。

社会全体に金が回っているのか。

中小企業にもっと設備投資をさせた方がよいのでは

新しい産業は中小企業が生み出している。

中小企業こそ産業を創造している。

日本にはしっかりとした中小企業がたくさんある。

日本は大企業中心の経済であるけれども、

販売先は個人や中小企業であるはずで、

ブーメランのように大企業の業績に反映する。

日本の大企業は本当に大丈夫なのか?

私は大企業と良好な関係を保ちつつも、

大企業の言いなりにはなりません。

中小企業の方が小回りがきく。

中小企業や個人がお客様と直接お付き合いしましょう。

私は日本経済の現状において、

自営業者ですから、業界の大企業とうまくお付き合いをすることも、重要だと思っています。

同時に、大企業とお付き合いをしなくても、

優良な中小企業や自営業やお客様とお付き合いをして、しっかりとした誠実な方が多ので、

堅実な経営をした方が無難とも思っています。

世界全体の巨大企業が

大変貌中です。

世界全体では

AmazonGoogleAppleAdobe、HP

日本国内では

SONYパナソニック富士通ニコン、キャノン

世界全体、日本国内でも、

これから飛躍的に伸びる業種もあれば、伸びない業種もある。

職種についても、現在は人手不足であって、求人が、多くても、その職種はいつまで人手不足が続くのか。

例えばスーパーのレジ打ち、倉庫内の整理、物流関係は、機械化、自動化されるだろう、自動車運転は自動化されるだろう。

介護関係はロボットと、同世代の高齢者の話し相手、健康状態の把握者がいて、看護師の手伝いをすればいい。なかなか外国人に介護されても、かえって病状は悪化してします。

人口が減少して、労働者が少なくなる時こそ、

技術革新をして、単純労働者の仕事を、機械化、自動化するチャンスなのだ。

イネベーションをするまでの過渡期として、日本の高齢者を一時的に雇うならまだしも、外国人の能力のない人たちが、日本の再業界に入り混んでしまった。

さらに大手人材派遣業は日本の若者まで人材派遣業に取り入れ、正社員を減少させてしまった。

産業の現場を正社員、派遣、パートアルバイトと管理がしにくく、混乱させてしまった。

日本は外国人の単純労働者の移民を認めるべきではない。

世界の支配層が狙っていることは、

人口の減少による富の集約化なのだ。

日本は世界の支配層と協調して、

日本人の生存を維持し、日本文化を継承し、日本文明を発展させよう。

21世紀の地球人類文明を創造しつつ、世界の支配層の仲間に入れてもらえればいい。

中国は中国、韓国北朝鮮は、それぞれに発展し、日本と友好親善を図ることが重要。

争うのではなく、経済関係を基として交流するのである。

在日とか、韓国とか、日本に入り込んでいるが、そのために日本が弱体化している。

日本の中での資金流通をおかしくさせている。

日本のさまざまな業界に、日本人になりすまして、入り込んでいる。

日本を混乱させている諸悪の根源である。

日本経済は戦後だけでも、

業界の盛衰はかなりあって、

大企業の業績は時代によって変化をしています。

時代の花形産業は時とともに推移します。

中小企業が大企業の下請けとして、

特定の業界のみと付き合いますと、

大企業の盛衰の影響をもろに受けてしまいます。

日本の中小製造業は、下請けの場合でも、複数の業界の部品を製造していることがあります。

小売りであっても、商品構成を変えることにより生き延びたりする企業もあります。

飲食業であっても、時代変遷や地域事情により、業態を変えたり、複数の業態を経営しています。

中小企業の方が小回りがきく。

私にとっては、早い話、趣味を仕事にすればいいだけのこと。趣味と実益が仕事に

これからは、みんながスマートフォンに夢中、

クロスメディアデジタルコンテンツ

の時代になります。

業界のことはよくわからないのですが、

WEBも、写真も、映像、文章も、

かなりの経験と技術があります。

お仲間に入れてください。

新入りですからご指導に従います。

ポートレート写真とCM写真は違いますが、

CM写真映像にポートレートを応用すると、

よりCM効果がある写真映像になるでしょう。

広告と思わせないパブリシティこそ、

宣伝広報であり、実質的な広告でしょう。

日本の大企業は大丈夫か?

中小企業の方が小回りがきく。

中小企業や個人がお客様と直接お付き合い。